プログラミング

【経験談】文系大学生が教えるプログラミングの始め方【超初心者向け】

プログラミングを始めたい人「プログラミングを始めたいけど何から始めればいいんだろう。実際にプログラミングを勉強した人の学習ルートが知りたい!」

 

こういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

  • プログラミング学習の始め方:好きな言語でOK
  • プログラミング学習の定番ルート:2つのルートがある
  • プログラミング学習の経験談:僕は独学で学びました!が。。
  • まとめ:自分にあったルートを選びましょう

 

タイキ
タイキ
こんにちは!タイキです。

僕は全くの未経験からプログラミングを勉強して、大学生ながら案件を獲得しました!

この記事では経験者の立場から、プログラミングを効率的に学習できる定番ルートを紹介します!

僕は慶應の経済学部に所属していましたが、プログラミングを学習して大学在学中にWeb制作の案件を獲得することができました。

大学3年時に初めて作ったサイトはこちら>>

 

また、その後はiPhoneアプリ開発を学んで起業をした経験もあります。

 

この記事では、文系学部出身の僕が、初心者の方向けに効率的なプログラミング学習ルートを解説していきます。

 

正直にいうと、プログラミングの勉強はわりかしハードです。

僕も一度挫折してしまいました。。

 

しかし、勉強がニガテな人でも挫折せずに学習できる定番ルートがあるので安心してください!

それではいってみましょー٩( ‘ω’ )و

 

プログラミング学習の始め方:好きな言語でOK

 

まず初めに、プログラミング学習を始めるためには学ぶ言語を決めましょう!

基本的には「作りたいものを決める」→「それが作れる言語を選ぶ」でOKです。

なお、PCを持っていない人はまずPCを購入しましょう。PCはMacbookでOKです。

 

学習するプログラミング言語を選ぶ

 

それでは、学習を始める前に学ぶ言語を選びましょう。

プログラミング言語はたくさんありますが、自分の好きな言語でOKです。

 

例えば、

  • Web制作・デザインをしたいならHTML/CSS
  • Webサービスが作りたいならRubyやPHP
  • スマホアプリを作りたいならSwiftやKotlin

 

こんな感じで、自分のやりたいことから逆算して考えればOKです。

特に作りたいものがない場合は、とりあえず一番メジャーなHTML/CSS, Javascriptの学習をしてみればいいかなと思います。

厳密にいうと、HTML/CSSはマークアップ言語で、他のプログラミング言語とは少し毛色が違うのですが、「コードに慣れる」という意味でははじめの一歩におすすめです。

 

プログラミング学習には2つのルートがある

 

言語が決まったら、さっそく学習を始めましょう!

具体的に、プログラミング学習には以下の2つの”定番”ルートがあります。

  • プログラミングスクールで学ぶ
  • 独学で学ぶ

この2つのルートのどちらを取るかで学習の仕方が変わります。

順番に解説していきますね。

 

プログラミング学習の定番ルート

 

タイキ
タイキ
このパートでは「プログラミングスクールに通う場合」と「独学の場合」の2つのルートを紹介します。

記事の後半では、僕の実際の体験談を交えながら、どちらのルートを選ぶべきかについて解説していきますね!

 

①:プログラミングスクールの場合

 

プログラミングスクールがおすすめな人はこんな感じの人です。

  • 挫折せずにプログラミングを学びたい
  • 講師に教えてもらいながらプログラミングを学びたい
  • 他の人と一緒にプログラミングを学びたい(オフライン教室があるスクールのみ)
    なんといっても、プログラミングスクールに通うと挫折しづらいです。
    また、スクールでは講師がメンターをしてくれるので、問題が起きてもスムーズに学習を進めることができます。

スクールで学ぶメリット

スクールで学ぶメリットはこんな感じです。

  • オンラインで24時間学習できる
  • とにかく挫折しづらい
  • 講師がメンターをしてくれるので行き詰まっても大丈夫
  • オリジナルサイトやアプリの開発をサポートしてもらえる
  • オフラインのスクールなら他の人と一緒に学べる(人脈もつくれる!)

特にマーカーを引いたところが一番のメリットかなと思います。

プログラミングの学習は、プログラムが動かなかったり、エラーが起きたりすると、それを解決するまでにかなり時間がかかることがあります。

スクールの一番のメリットは、その行き詰まっている時間をなくして、無駄な時間を減らせることです。

タイキ
タイキ
つまり、最短で無駄なくプログラミングを学習できるのがスクールに通うメリットですね!

メンターがいて、無駄に悩む時間がないから挫折しづらいといえます!

 

スクールで学ぶデメリット

一方デメリットはこんな感じです。

  • 料金が高い(平均20万円ほど)
  • メンターのレベルが微妙なところもある(実績のあるスクールを選べばOK)

 

やはり、料金が高いのが少しネックかなぁと思います。

ただ、エンジニアになれば年収500万以上は普通なので、自己投資としてはプログラミングスクールは安すぎるくらいだと思います。

20万くらいは1ヶ月で元が取れちゃいますからね(´・ω・`)

そのため、若干料金は高めですが、わるくはないと思います。

タイキ
タイキ
プログラミングスキルさえ身につければいつでも案件を受注できるので、人生の保険にもなります!

おすすめのプログラミングスクール

おすすめのプログラミングスクールは以下の3つです。

この3つが業界でもっとも有名なプログラミングスクールです。

 

  • テックアカデミーは、業界No.1の実績をもつプログラミングスクールです。
  • CodeCampは、完全オンラインで料金も安めのプログラミングスクールです。
  • TECH::CAMPは、オフラインの教室も使えるプログラミングスクールです。

 

それぞれ無料体験ができるので、迷っている方は一度体験してみるのもアリかもしれません。

どのスクールがいいかは相性にもよると思うので、気になるところは一通り体験してみることをおすすめします。

タイキ
タイキ
僕も色々なプログラミングスクールの無料体験を受けました!

僕の場合、ある程度独学をしてからだったので、「カリキュラムの既に学習したところもやらなきゃダメかな?」という疑問があったのですが、メンターの方から「そういうところは飛ばしてOK!」と教えてもらいました。

このように、無料体験でコースの質問もできるのでわからないことがあれば体験を利用してじゃんじゃん質問しましょう!

 

ただし、学習したい内容によっては他のスクールがいい場合もあります。
(例えば、Pythonを中心に学びたいのであればAidemyが良いなど。)

プログラミングスクールの詳しい情報は、こちらの記事で解説しています。

②:独学で勉強する場合

 

もちろん、プログラミングは独学でも学習できます。

独学で学習する場合は以下のルートがおすすめです。

  1. Progate、ドットインストールで基礎を学ぶ(無料サイトです)
  2. 「Udemy」講座で自分の学びたい言語の講座を3つほどやる
  3. オリジナルアプリの開発

①はじめは無料サイトで学んだあと、②「Udemy」の講座で実践的に学び、③最終的にオリジナルアプリを開発するって感じです。

 

独学で学ぶメリット

独学で学ぶメリットはこんな感じです。

  • 料金が安い
  • 自分でググる力がクセがつく
  • 勉強の習慣がつく

なんといっても料金が安いのが独学のメリットですね。

特にUdemyをフル活用すれば、5000円くらいで済んじゃいます。

 

独学で学ぶデメリット

独学で学ぶデメリットはこちらです。

  • 挫折する可能性がある
  • 「わからないところがわからない」ことがある
  • 「わからないところが解決できない」ことがある

つまり、ずっとエラーと戦うことになり、結果挫折してしまうパターンが非常に多いです。

プログラミングの環境は常にアップデートされるので、前のバージョンで動いていたものが突然動かなくなったり、エラーになってしまうことが結構あります。

Udemyなどのオンライン講座でも、動画の内容が古くて、講座の内容どおりにコードを書いても動かないことがたまにあります。

ここらへんは、メンターがついていない独学ならではのデメリットといえます。

タイキ
タイキ

僕の場合、5日間くらい同じエラーと戦い続けたこともありましたw
すごい初歩的なミスなのに自分では気づかないってことは結構あります。

例えば、HTML/CSSの場合だったら、「”/”の入れ忘れ」でCSSが適用されないなどが結構あります。。

そういう初歩的なミスに時間を取られると虚無感がやばいです。。笑

独学におすすめの学習コース

繰り返しになりますが、独学でプログラミングを勉強する場合のおすすめの学習コースはこちらです。

  1. Progate、ドットインストールで基礎を学ぶ(無料サイトです)
  2. 「Udemy」講座で自分の学びたい言語の講座を3つほどやる
  3. オリジナルアプリの開発

特に、Udemyを使った学習は効率がよく、挫折もしづらいです。

Udemyの講座を3講座ほどやると、オリジナルアプリを自分で作れるくらいには実力がついているはずです。

Udemyの言語別おすすめ講座はこちらで紹介しています>>

 

経験談:僕は独学で学びました!が。。

 

タイキ
タイキ
ここからは僕のプログラミング学習の経験談を交えながら進めます!

独学でプログラミングを

僕は大学3年生の時からプログラミングを独学で学びはじめました!

初めはHTML/CSSを学び、次にJavascript、Swift(iPhoneアプリ開発)を学びました。

が。。一度挫折し、また学び直しました。

 

タイキ
タイキ
やっぱり、初めの時はエラーで行き詰まってしまい大変でした!

 

学び直しの時は、Udemyの講座2周目をして土台を固めながら、カンタンなアプリをどんどん開発して実践力を磨きました。

タイキ
タイキ
「Udemy」を使った独学では、学びたい言語の講座を3つ受講し、それぞれ2周ずつやって知識を定着させました!

2周やると1周目でわからなかったところがクリアになるのでおすすめです。

そして最終的には、Web制作の案件を取ったり、AppStoreにアプリをリリースするところまで行くことができました。

 

スクール?独学?

 

では、結局スクールと独学どっちのルートがいいのでしょうか?

その答えは、「自力で勉強を続けられるかどうか」だと思います。

タイキ
タイキ
僕の場合、大学の受験勉強で必死に勉強した経験があったので、独学での学習も進められました!

もともと勉強する習慣がある人は独学でもいけると思います。

 

しかし、

「普段からあんまり勉強する習慣がない…」

「家だと勉強してもすぐに怠けてしまう…」

という方は、プログラミングスクールに通って勉強したほうが効率的かもしれません。

 

ぶっちゃけ、プログラミングの学習は結構ハードなので、「お金を払って時間を買う」という意味では、プログラミングスクールは全然アリだと思います。

 

タイキ
タイキ
迷っている方は、プログラミングスクールの無料体験を利用してみるとスクールがどんな感じかがわかると思います!

無料体験を受けると「これで申し込まないのは申し訳ない…」という気持ちになりますが、気に入らなかったら辞めても全然大丈夫です。

 

まとめ:自分にあった学習ルートを選びましょう

 

今回はプログラミング初心者の方向けに、プログラミング学習の定番ルートを解説してきました!

 

以下にそれぞれのルートをまとめておきました。

独学ルート

  1. Progate、ドットインストールを終わらせる
  2. 「Udemy」で実践的に学ぶ
  3. オリジナルアプリを開発する

Udemyの言語別のおすすめ講座はこちらの記事で解説しています>>

プログラミングスクールルート

<おすすめのプログラミングスクール>

 

プログラミングスキルを身に付けると人生の安心度がめちゃくちゃ上がります。

 

ぜひ、自分にあったルートで学習をはじめてくださいね!

 

タイキ
タイキ
何か質問などあれば、TwitterのDMで受け付けています〜!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

今回はここまでです。

 

タイキ
大学3年時に開業した20代フリーランスです!慶應経済卒。このブログは全て経験に基づいて書かれています!エンジニア/Shiba-Gadge運営/元イチナナトップライバー/株式会社Locachi代表/TwitterのDM◎

お問い合わせ>>
\ Follow me /